• 「子役が誰彼かまわず『お疲れ様です』といって回るのはおかしい」─タモリのこんな発言が大きな波紋に。
  • 民放連が子役に「お疲れ様」といわせないよう申し入れをすべきだとまで提言したのだ。
  • 『ご苦労様です』『お疲れ様です』というのは、本来、人をねぎらう言葉。目上の人が使うのが伝統的。
タモリが「お疲れ様です」は目上の者に使ってはいけないと指摘 波紋呼ぶ - ライブドアニュース
「子役が誰彼かまわず『お疲れ様です』といって回るのはおかしい」──タモリのこんな発言が大きな波紋を呼んでいる。

きっかけは7月26日放送の『ヨルタモリ』(フジテレビ系)。タモリが、「『お疲れ様』というのは、元来、目上の者が目下の者にいう言葉。これをわかっていないんですね」と力説し、民放連(日本の民間ラジオ・テレビ業者が所属する団体)が子役に「お疲れ様」といわせないよう申し入れをすべきだとまで提言したのだ。

「我が意を得たり」と声を上げたのが中高年世代である。

「先に帰る若手社員に『お疲れ様です』といわれるとカチンとくる。そこは『お先に失礼します』だろう!」(50代男性)
「後輩に上から目線でいわれているようで、嫌だ」(40代男性)

「お疲れ様」が悪いのか、気にするほうが悪いのか。日本語教育研究者で山形大学地域教育文化学部准教授の園田博文氏はこう話す。

「『ご苦労様です』『お疲れ様です』というのは、本来、人をねぎらう言葉。目上の人が使うのが伝統的で、目下の人が目上の人に使うのは失礼にあたります」

若い世代は、タモリの指摘にショックを隠せない。

「ビジネスマナー講習で『ご苦労様』は失礼だから、『お疲れ様』を使えと教わったのに」(20代男性)

園田氏によれば、こうした世代間ギャップが生じ始めたのは、ここ10年から20年ほどのことだという。

「『ご苦労様』は若い人の間でも“上から下”の意識が強いようですが、『お疲れ様』ではその意識が崩れている。その分岐点は40代あたりで、50代、60代以上の人が違和感をおぼえるのは当然でしょう」(園田氏)

「お疲れ様」はいつの間にやら若い世代の中で挨拶のスタンダードになっている。

NHK放送文化研究所・塩田雄大氏のアンケート調査によれば、その日に会った冒頭の挨拶として「お疲れ様です」を使う人は、60歳以上では36%。20代、30代では59%にのぼる。年配者が使う頻度が高いはずの言葉を、逆に若い世代ほど多用しているのが現実だ。

「若い人たちは悪意ではなく、ねぎらいの気持ちで使っているんだから……」(60代男性)と、あえて指摘しない人がほとんどのようだが、社内で軋轢が生じた例もある。ある広告代理店に勤務する30代女性の話。

「50代のワンマン社長が突然『お疲れ様禁止令』を出したんです。『朝出社してすぐ、疲れてもいないのに、お疲れ様ですはおかしいだろ』と。仕方なく社員みんなで『お疲れ様です』に代わる挨拶を考えたんですが、思い浮かばなくて」

結局、「おはようございます」「こんにちは」「さようなら」と、時間帯によって使い分ける“普通の挨拶”に落ち着いたというが、「なんか、よそよそしい感じで、しっくりこないんですよね」と女性社員は首をかしげる。

タモリ
タモリ(1945年8月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー、作詞家、作曲家、作家、実業家。本名:森田 一義(もりた かずよし)。
福岡県福岡市出身。田辺エージェンシー所属。妻は2歳年上の一般人で自身の個人事務所の社長を務めている。妻との間に子供はいない。
女優の伊佐山ひろ子とは遠戚。
本名森田 一義 (もりた かずよし)
ニックネームタモリ タモさん タモちゃん チーママ インタモ 無形文化財
生年月日1945年8月22日(69歳)
出身地日本 福岡県福岡市
血液型O型
身長161cm
方言共通語博多弁
最終学歴福岡県立筑紫丘高等学校卒業早稲田大学第二文学部西洋哲学専修除籍
師匠赤塚不二夫
芸風漫談ものまね(形態模写) など

このニュースについてのTwitterの反応

ジッパヒト・カーラゲン男爵返信リツイートお気に入り2015/08/04 12:24:58@akua_kua
時刻にかかわらず、その日はじめて会った上司には何て言うんだろう。お疲れ様です、以外に思いつかないんだが
(;´Д`)y-.。o○…あぁ、これなぁ…おらもこの20何年間、ずっとお疲れ様ですを間違って使い続けて来たから気を付けねば(><)…
ちょっと調べたが、「間違ってはいないが古い」というのが結論のようだ
言葉の意味は時代に合わせるものなんだよな、そういうのは沢山存在する
ご苦労様は言わないようにしていたのに、お疲れ様もダメならもうなんて言えばいいんだ!!
文中にあるけどたしかに「お先に失礼します」はそれだよなー。
本や知識に頼りすぎて、マナーのあるべき姿を考えない結果。「お疲れ」って先帰られたら嫌だから、自分は「お先…」で帰ります。結局、正しい言葉は何だろう。
ご苦労さまですといえば上から目線と言われ、お疲れ様ですといえば疲れてないわと言われ、何も言わなければ感じ悪い、無視したと言われる世界 
お疲れ様ですって目上の人に言う事にずっと違和感があったわ。納得。 
知ってるんだけど、代わりの表現がないんだよなー。昔のNHKほ番組で知ったんだけど、その時の正解は無言で会釈。それも違和感ありあり…
でも言ってくれない上司も沢山いたからね。っていうあれもあるけど、確かに会社では使ってなかった記憶はある。
ますみ@休肝できない.減量中返信リツイートお気に入り2015/08/04 12:31:56@masmi_alc
 ねぎらいの言葉は失礼だからいらないと、
かずさん@楽しい物探し(Kaz san)返信リツイートお気に入り2015/08/04 12:32:54@kazsan_omosiro
同じく、会社のメールで朝っぱらから「お疲れ様です」とくるのも問題。
ものすごく違和感あるので、私は使っていません。枕詞いらないと思います。
これは、かなりの長き(10年以上だったかな?)に亘り議論されていること。タモリさんの言うこともそうかもしれないけれど、だったら対案(言葉)を示すべき(ー_ー)!!
ワイの職場でも支社からの電話には「お疲れ様です」と言って出ろと教わったんだけど、なんか違和感あるんだよね、、、ヽ( ´ ¬ ` )ノ

タモリが「お疲れ様です」は目上の者に使ってはいけないと指摘 波紋呼ぶt.co/6XCH4Z1Kcp
タモリの、お疲れ様の件。
前の会社で、朝一の会議に向かう取締役に、平社員が「お疲れさまです」っていったら、「朝から疲れてない!」って激怒されたらしい。部内全員に共有され、お疲れ様禁止令が出たことを思い出した。
タモリさんの言う通りだけど、「お疲れ様」は状況と言い方次第なところはあるわな。。。
これはちゃんと指導しなかった目上が悪い。
けっこう使ってる。代わりに挨拶…しっくりこないな。
ムカつく、イラつく、カチンとくる。どれも心が未熟な証拠です。間違っていると思うなら優しく若者を導くのが本当の大人。敵対して良いことは一つもない。
30年位前からうちらの世代がはじめたような気がする。よく叱られているやつがいたw どうすべきかより、どうしてこうなったのか気になる。きっとみんな疲れちゃってるだなw
職場のお偉いさん(それなりに年配)が、「バイビー」とか「じゃーねー」とかって挨拶してくるから、反応にすっごく困る(´・ω・`)
1001オススメ記事@\(^o^)/2015/08/04 14:10:00 ID:nstimes