• 今年6月、大村入国管理センターで収容していた40代のナイジェリア人男性が死亡
  • 法務省出入国在留管理庁は死因について、食事や治療を拒否したことによる『飢餓死』と発表した。
  • 男性は『仮放免』を求めてハンガーストライキを行っていたという。
  • 入管庁は、「男性に再三警告したが治療を拒否した」「対応に問題はなかった」と説明した。
  • 男性は窃盗罪などで実刑判決を受け、2015年に国外退去命令を受けた。

掲示板での反応


17名無しさん@1周年2019/10/01(火)12:46:02.58ID:peEcgmlO0.net
> 国外退去命令を受けた。16年に同センターに移送された

3年も何してたん




268名無しさん@1周年2019/10/01(火)13:13:55.68ID:Cbszx47n0.net
>>17
退去強制命令に対して「帰る場所がない」などの理由で
入管施設に居続け、仮放免を求めてハンストをしていたらしい




37名無しさん@1周年2019/10/01(火)12:48:15.47ID:AKBWKazp0.net
2015に国外退去命令出てんのに今まで何してたん?
強制送還とは違うから送り返せないって事?




90名無しさん@1周年2019/10/01(火)12:54:08.59ID:uAOiNk8x0.net[1/6]
>>1
これはどうしようもないな。
本人の承諾なしに点滴とかしたら医師が傷害罪に問われるから手出しが出来ない。




109名無しさん@1周年2019/10/01(火)12:56:03.69ID:/hW8StSg0.net[1/2]
どうせえゆうの?!
自らの意思で拒否したわけやん?
どうしろと???




126名無しさん@1周年2019/10/01(火)12:57:32.24ID:010wsMJJ0.net
どうすりゃよかったんだよ




管理人コメント


ハンガーストライキしたからって簡単に仮放免できるわけないしな…。せめて治療は受けるべきだったのでは。

1001オススメ記事@\(^o^)/2019/10/01 23:01:00 ID:nstimes