• HIVに感染していることを告げなかったとして内定を取り消されたとして、30代の男性が病院を運営する『北海道社会事業協会』に慰謝料などを求めた訴訟。
  • 札幌地裁は同協会に165万円の支払いを命じる判決を出した。
  • 武藤裁判長は「感染する危険は無視できるほど小さく、男性が感染を告げる必要があったとは言えない」と説明した。
  • 男性は協会傘下の病院の求人に応募した際、持病の有無を聞かれたが、HIVに感染していることは告げなかった。

掲示板での反応


2名無しさん@1周年2019/09/17(火)11:29:21.61ID:yUxDbr4s0.net
なんで取り消しちゃダメなの




108名無しさん@1周年2019/09/17(火)11:50:00.52ID:lJHGzyEX0.net
>>2
注射針を扱うような仕事じゃないので患者にうつる可能性なしだから




3名無しさん@1周年2019/09/17(火)11:29:44.08ID:T2noNKTX0.net[1/3]
なんで聞かれたのに隠したのかな?




5名無しさん@1周年2019/09/17(火)11:32:50.53ID:qE/pUf3g0.net
えっ?面接でウソ言っても許されるの




13名無しさん@1周年2019/09/17(火)11:35:31.27ID:u1HTbR/z0.net[1/2]
>>5
HIVに関しては言わなくていいという痴裁の判断(´・ω・`)
本人も面接受ける病院に受診歴があって感染知ってるだろうとでも思ったんかね




10名無しさん@1周年2019/09/17(火)11:34:33.09ID:sn5RdOI50.net[2/4]
半額になってるから、隠したことについての相応の過失相殺はあったんだろう




管理人コメント


求人に応募した時に隠したことでこじれたような気がする…。

1001オススメ記事@\(^o^)/2019/09/18 09:01:00 ID:nstimes