• ドイツからメキシコへ向かっていたコンドル航空の飛行機で、操縦士が音声制御パネルにコーヒーをこぼして急遽アイルランドに着陸するトラブルがあった。
  • 制御パネルから煙が出て、乗員が酸素マスクを着用する事態となったという。
  • また、制御パネルのボタンが溶け出したため、飛行機は燃料を投棄してアイルランドに着陸した。

掲示板での反応


42019/09/13(金)11:50:08.11ID:fkN8c+y60.net
大事になっとるやんけ




162019/09/13(金)11:52:44.43ID:g9YRsUND0.net
そんなことあるんだ




272019/09/13(金)11:55:06.47ID:0qqJjLzi0.net
無線のやり取りはどんな感じだったんだろう




362019/09/13(金)11:57:07.02ID:tiksBnys0.net
片隅にコーヒー飲むための専用スペース作っとけよ




392019/09/13(金)11:57:40.71ID:vMkv3yu70.net
ショートして過熱したんやろ
コーヒーの熱で融けるかよ




1502019/09/13(金)12:36:49.81ID:mR0/sKub0.net[1/2]
どんなコーヒー飲んでんだよ




管理人コメント


コーヒーをこぼしただけでこんな事態になってしまうとは…。恐ろしいな。

1001オススメ記事@\(^o^)/2019/09/13 23:01:00 ID:nstimes