• 2020東京五輪の暑さ対策として進められている『遮熱性舗装』が逆効果になる可能性があるという。
  • 遮熱性舗装を施した路面の表面温度は通常の路面よりも10度前後低くなったが、高さ50センチ〜2メートルの空間では平均気温が高くなったという。
  • 東京農業大学の樫村修生教授は「『遮熱性舗装』は太陽光を反射するため表面温度は下がるが、反射した熱で人が立つ高さでは気温が上昇した」分析した。
  • 国交省は遮熱性舗装について「調査を総合すると暑さを緩和する効果がある」とコメントした。

掲示板での反応


7名無しさん@1周年2019/08/09(金)05:53:40.22ID:AzT1tM0U0.net
そりゃ反射した熱は消えて無くなるわけじゃ無いもんな




14血ヶ滝ルナ2019/08/09(金)05:55:26.68ID:8EXO74iG0.net
全種目夜にやれ
もうそれしか対策はない
東京なら夜でもどこでも明るいだろ




26名無しさん@1周年2019/08/09(金)05:59:53.79ID:oQ+gJZSK0.net
実証実験せずにやったの?




29名無しさん@1周年2019/08/09(金)06:00:39.04ID:LopeHm1D0.net[2/2]
>>26
実験で白く塗った




274名無しさん@1周年2019/08/09(金)06:46:08.07ID:8jteDz4Q0.net[1/26]
>>29
実験なのに100kmもやる必要ねーよ。




898名無しさん@1周年2019/08/09(金)08:25:38.92ID:SMH21aFu0.net
五輪当日ランナー「なんだこの照り返しは…ころすきか!?」




管理人コメント


路面の表面温度が下がるだけか…照り返しやばくて倒れす人いるんじゃないのか…。

1001オススメ記事@\(^o^)/2019/08/09 12:01:00 ID:nstimes