• 吉本興業が19日、闇営業で謹慎処分となっていた宮迫博之とマネジメント契約を解消したと発表。
  • 宮迫博之は米映画『アベンジャーズ』の吹き替えで声優を担当していた。
  • 今回の闇営業問題で声優が変更になった場合、違約金は数十億円から100億円にのぼる可能性があるという。

闇営業問題


2014年、宮迫ら吉本興業の芸人がカラテカ入江の仲介で詐欺グループの忘年会に出席。宮迫は100万円を受け取っていた。

また、19日発売の写真週刊誌『FRIDAY』が、宮迫と金塊強盗犯が一緒に写った写真を報じた。

Twitterでの反応




掲示板での反応


42019/07/19(金)13:25:54.91ID:5RDXDbpQ0.net[1/3]
サノスに逆らうからこうなる




82019/07/19(金)13:26:43.68ID:q/75LNav0.net[1/2]
今回のトイストーリーもだが、まじで芸人使ってほしくない。




102019/07/19(金)13:26:51.21ID:0V9IwQFC0.net
エンドゲームの発売日9月だから販売元焦ってそう




132019/07/19(金)13:27:44.17ID:T4BmrSj80.net
アベンジャーズの何役なん?




202019/07/19(金)13:29:32.03ID:AGhY3EWC0.net[1/2]
>>13
ホークアイ




532019/07/19(金)13:34:36.33ID:I+bI6eKQ0.net
入江と組むしかないな




1001オススメ記事@\(^o^)/2019/07/20 03:01:00 ID:nstimes