• 無料通信アプリ『LINE』を通じてLGBTの若者の悩みを聞く『LINE相談』が、深刻な資金不足に陥っている
  • 相談件数が想定よりも多く、今のままでは8月末までしか運営を続けられない状況だという。
  • LINE相談を運営しているNPO法人『北海道レインボー・リソースセンター L-Port』が支援を呼びかけている。

掲示板での反応


8名無しさん@1周年2019/06/24(月)10:35:29.96ID:ObK6T3X70.net
お金ってどこで発生するの?ボランティア相談員でしょ?




132名無しさん@1周年2019/06/24(月)11:34:09.99ID:0eRW18QV0.net
相談受けるだけなのに何にお金かかるの?




152名無しさん@1周年2019/06/24(月)12:15:33.57ID:xPmSia010.net
勝手に始めて金よこせってすげぇ団体だな




154名無しさん@1周年2019/06/24(月)12:21:04.23ID:QX8Y1QzZ0.net
なんで件数増えると資金が足りなくなるんだ?そもそも大した量じゃないじゃん




166名無しさん@1周年2019/06/24(月)12:32:57.65ID:PBxkVXmN0.net
>>1
>LINE相談は、相談者の9割が10~20代で、半年ほどで147件の相談が寄せられている。

半年で147件程度の相談でパンクしちゃうのもそれはそれで不思議だけど、それ抜きにしても相談が多すぎるからって資金難に陥る意味が分からない




168名無しさん@1周年2019/06/24(月)12:47:19.99ID:4j/dCzdT0.net
相談が来ないとスポンサーも金払いが悪いからな
実際に相談を受ける人はボランティアだったとしても、運営は給料的なものが必要だろうし
結局は認知度を上げて相談件数を増やして、スポンサーを増やしたいのかと
それか、ボランティアが去っていった後で次のボランティアが見つからなく、雇う必要性が出たのかもな




管理人コメント


無料アプリで相談を受けているのに運営資金とは…人件費とかがかかっているんだろうか。

1001オススメ記事@\(^o^)/2019/06/25 01:01:00 ID:nstimes