• 映画『ニキータ』などで知られるフランスの映画監督リュック・ベッソン氏が、女性俳優から性的暴行の疑いで告訴された
  • 女性俳優はパリのベッソン氏と会った際、紅茶を飲んだ後に気分が悪くなって意識を失い、その間に暴行を受けたと主張している。
  • ベッソン氏は「性的暴行はしていない」と否定。

Twitterでの反応














1001オススメ記事@\(^o^)/2018/05/21 19:01:00 ID:nstimes