• 日本大学アメリカンフットボール部の守備選手の悪質な反則行為によって関西学院大の選手が負傷した問題で、19日午後に大阪空港で取材に応じた日大の内田正人監督が関学大関係者や負傷した選手、保護者らに謝罪したことを明らかにした。
  • 謝罪の際、内田監督は関西学院大学の読み方を「かんさいがくいん」と何度も言い間違えて発言し、関学大の関係者らは「謝罪に来て相手の大学の名前を呼び間違えるとは。誠意が感じられない」と憤っているという。
  • 同問題で内田監督は「一連の問題は全て私の責任。監督を辞任する。弁解もしない」と話し、辞任を表明した。


Twitterでの反応



















1001オススメ記事@\(^o^)/2018/05/20 23:01:00 ID:nstimes