• 米国内では日本の核武装や韓国への戦術核再配備も論じられている。
  • 中国を「日本が核武装しても北を保護する価値があるのかという戦略的ジレンマ」に直面させようというわけ。
  • 今年末に公表が予定される7年ぶりの「核態勢見直し」に向け議論はさらに活発化しそう。

【アメリカを読む】トランプ氏の“持論”だけでない 「日本核武装論」が米国で本気に語られ始めている(1/3ページ) - 産経ニュース
北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射は、オバマ前政権の「戦略的忍耐」による無策はもとより、「核なき世界」という理想論にも再考を迫っている。

日韓の核武装を容認する発言をしたことのあるトランプ米大統領は“持論”を封印しているが、米国内では日本の核武装や韓国への戦術核再配備も論じられている。

今年末に公表が予定される7年ぶりの「核態勢見直し(NPR)」に向け、核抑止力に関する議論はさらに活発化しそうだ。

「韓国に米軍の戦術核を戻すか、日本に独自の核抑止力を整備させる。これほど速やかに中国の注意を引きつけられるものはないだろう」

7月4日のICBM発射を受け、米保守系の有力コラムニスト、チャールズ・クラウトハマー氏はワシントン・ポスト紙への寄稿でこう指摘した。

トランプ政権は中国に北朝鮮への「最大限の圧力」を期待したが、本気で取り組む気配はみられない。

それならば、日本や韓国への核兵器配備によって、中国を「日本が核武装しても北朝鮮を保護する価値があるのかという戦略的ジレンマ」(クラウトハマー氏)に直面させようというわけだ。

中国やロシアは逆に「朝鮮半島の非核化」で米国に協力するふりをしながら、北朝鮮の核武装に目をつぶり、日本や韓国を保護する価値があるのかという「戦略的ジレンマ」に米国を陥らせようと画策している。

北朝鮮がICBMを発射した7月4日、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は首脳会談で、北朝鮮の核開発と米韓合同軍事演習を同時に凍結させる「凍結対凍結」による対話を目指すことを確認した。

北朝鮮との取引で合同軍事演習を凍結することは米韓同盟に対する韓国の信頼度を低下させることはもとより、日米同盟に対する米国の決意にも疑義を生じさせるだろう。

クラウトハマー氏も指摘するように、「中露の真の利益は非核化ではなく、環太平洋地域での米国の影響力を弱体化させる」ことにあることは明らかだ。

もちろん、トランプ政権は北朝鮮が核開発を凍結するという甘言に乗るつもりはない。1994年の米朝枠組み合意、2005年9月に6カ国協議でまとめた共同声明での同様の約束を踏みにじり、核開発を続けてきた過去があるからだ。

ティラーソン国務長官は「北朝鮮が高いレベルの(核)能力を持ったまま凍結しても対話の条件は整わない」として、核放棄の約束が先決だと求めている。

トランプ政権は北朝鮮に対して軍事的な圧力を強め、中国に対しては北朝鮮のマネーロンダリング(資金洗浄)に関わった銀行に対する「セカンダリー・サンクション」(二次的制裁)に踏み切り、戦略的忍耐との違いをみせている。

また、「核の傘」を含む手段によって同盟国の安全を保障する米国の拡大抑止に揺るぎはないと日韓両国に強調している。

しかし、実際の軍事行動は北朝鮮による韓国への反撃を考えると困難を伴う。また、予想された通り、トランプ氏が期待してきた中国の圧力にも限界が見えてきたことで米国内で無力感が広がっているのも事実だ。

著名ジャーナリストのファリード・ザカリア氏はCNNテレビでキャスターを務める番組で、米国が中国に今すぐ「朝鮮半島統一時の米軍撤退」を約束し、中国との協力で朝鮮半島の非核化を目指すべきだと提案した。

クラウトハマー氏でさえ、結局は北朝鮮の核保有を「黙諾」せざるを得なくなるだろうと予想している。

2010年、前回のNPR改定はオバマ前大統領の「核なき世界」という理想に沿って、核拡散・核テロ防止や核兵器の役割低下に主眼が置かれた。

北朝鮮は除外されたものの非核国を核攻撃対象としない「消極的安全保証」(NSA)は、政権末期になってようやく米軍の抑止力の重要性を学んだ鳩山由紀夫首相(当時)に歓迎された。

北朝鮮による核・ミサイル開発の進展は、米主要都市へのICBMによる反撃が予想されても米国の「核の傘」が機能するのかという古くて新しい命題を突き付けている。

冷戦期、欧州諸国はニュークリア・シェアリング(核兵器の共有)、核使用協議、情報共有により米国が「戦略的ジレンマ」に陥ることを防いできた。

脅威の高まりの中で迎えた今年のNPR改定は、アジアでの安全保障に米国を巻き込むための知恵を日本に迫っている。


掲示板での反応


3(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:24:53.45ID:f7RVBOEJ.net
とりあえず福島県で地下核実験やりますか




4(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:25:44.52ID:ojTfKyt9.net[1/4]

世界は日本の核配備やむなしと言ってる 10年前から




64(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)23:18:52.69ID:eAb8/MQF.net[2/2]
>>4
つNPT




5(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:25:45.38ID:AzSJXYXQ.net
日本が原子力潜水艦作ったら性能的に凄そう。

潜水艦に弾道ミサイル搭載ってのが脅威って聞いた




76(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)23:29:10.66ID:E46I4ZgH.net
>>5
ミサイルの初期検知できないからね




6(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:25:45.62ID:02SBVvFT.net
しかし独裁政権の北や、中共は例え自国の首都に核報復を受けても上層部さえ被害を受けなければ良しと考えかねない。
これらの国と対峙するとき、核抑止にならない可能性がある




17(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:35:16.94ID:adk9aaBL.net[1/3]
>>6
抑止にはならなくても、報復にはなるだろう。
上層部だけが生き残っても、
地下宮殿から出たら地上は原野なら
生きていくの困難だろう。
そうであれば、笑いながら他国を核攻撃することはできんだろう。




121(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/20(木)00:14:52.37ID:QA7kqziW.net
>>6
>しかし独裁政権の北や、中共は例え自国の首都に核報復を受けても上層部さえ
>被害を受けなければ良しと考えかねない。
>これらの国と対峙するとき、核抑止にならない可能性がある
それでも核武装の効果は大きい。
首都が核攻撃されても自分達は、なんて最後の最後のオプション。
そこまで相手を追い詰められるのが核武装。




7(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:27:02.03ID:eSoxSEkO.net[1/2]
日本は北朝鮮よりも中国に対しての核武装すべきだ
ここ最近毎日のように尖閣だけじゃなく青森沖にまで軍船来てて
それを新聞テレビで大々的に伝えないのが怖くて仕方ない
アメリカだって今日本に核武装させたところで
それが自分達に向けられるなんて思いもしないし
日本もするつもりだってないんだから早急に核武装するべきなんだよ

広島も長崎も無視しろ
包丁で家族殺された人だって包丁で飯の支度しなきゃならないんだよ
いつまでも核被害者としてとか言ってると中国に飲み込まれるぞ




8(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:27:10.20ID:CvlmOmmT.net[1/3]
北に貢いで核撃ち込むの免除してもらいそうw




9(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:27:38.89ID:TdIun9qM.net[1/2]
まあ核シェアが一番手っ取り早い。




28(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:44:04.67ID:VRPjVbNm.net[1/3]
>>9
在日米軍に核ミサイル配備
が一番現実的じゃないかな?




122(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/20(木)00:16:24.21ID:4I5nsLf6.net[1/3]
>>9
>まあ核シェアが一番手っ取り早い。
手っ取り早いが効果は限定的。
自分達で自分達の運命を決められる訳ではない。




10(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:28:24.47ID:/QF/BCGk.net
そのためには広島や長崎のプロ市民とパヨクを徹底排除だな




11(´・ω・`)(`ハ´ )さん@\(^o^)/2017/07/19(水)22:28:36.93ID:D+hoAxAx.net
日本の核武装は大いに素晴らしいんだが、中国相手に相互確証破壊(MAD)を成立させようとするとかなりの戦力が必要になる
何しろ連中は15億人殺されてもまだ1億いるから痛くも痒くも無い、と豪語してはばからない
となれば人口の大部分を確実に無力化できる=居住地域をくまなく数回制圧できるだけの核戦力が必要になる
核弾頭10万発でもあやしいところだ




1001オススメ記事@\(^o^)/2017/07/20 09:01:00 ID:nstimes